サービスのご案内

「防衛省中央調達情報ネットサービス(BSKI)」のご案内

  防衛調達ハンドブック・シリーズ(1)
 「どうしたら、仕様書が手に入るのか!?」<防衛省・自衛隊仕様書(装備品等)事情>
  防衛調達ハンドブック・シリーズ(2)
 「陸・海・空自衛隊 承認用図面等作成・提出のポイント!?」
 防衛調達ハンドブック・シリーズ(3)
 「防衛調達へ新規参入するための解説書」
 防衛調達ハンドブック・シリーズ(4)
 「防衛省・自衛隊が行っている市販品調達の方法」
 防衛調達ハンドブック・シリーズ(5)
 「中央調達における契約保証金の納付と返還の方法」
 防衛調達ハンドブック・シリーズ(6)
 「防衛省仕様書 品質管理等共通仕様書(DSP Z 9008 平成22.5.18制定)&同 解説書」

 
 当協会ではIT時代に対応し、防衛省と防衛関連企業のパイプ役として、関係企業の皆様に対しまして
防衛省の中央調達に関する情報を提供し、総合的かつ有効に活用していただくために
「防衛省中央調達情報ネットサービス(BSKI)」を企画し、平成14年5月から開始致しておりますので、
是非ご入会下さいますようご案内申し上げます。
 
サ-ビスの内容は次のとおりです。
 
 ①中央調達に関する法規等の情報
 ②中央調達に関連した組織・人事等の情報
 ③中央調達一般競争公告(官報公告は除く。)サマリー情報(担当課、係別等で掲載)
 ④中央調達(防衛装備庁)の契約実績一覧表
 ⑤中央調達に関連した質問の受付・回答(各企業が共通に関連する事項のものはまとめて四半期毎に送付)
 ⑥防衛関係費(予算の概要を掲載)
 ⑦当協会が開催する講演会、セミナー等へのご案内
 ⑧配布資料として「入札及び契約心得」「中央調達予定品目表」「中央調達の概況」(装備施設本部)等の配布を基本とし、
会員のご要望により価値ある情報サービスの提供をお届けしたいと思います。

 ネットサービス利用料は加入1社当り年間108,000円
(同社において2ケ所以上でサ-ビスを受けた場合は、2ケ所目から21,600円)です。

 「防衛省中央調達情報ネットサービス(BSKI)」のご利用については、利用規約をご覧いただき、
サービス申込書によりご入会して下さい。なお、同社において2ヵ所目からの、
サービス申込書は左肩に、Fがあるサービス申込書を使用して下さい。

 申込方法・承諾及びBSKI利用開始は次の要領で行われます。
 ①申し込みを希望する関係企業様は、「防衛省中央調達情報ネットサービス(BSKI)申込書」2部
  を当協会へお送り下さい。
 ②当協会が申込書を受領後、、『ネット利用料』の請求書を送付致します。
 ③『ネット利用料』のお振込みを確認後、10日以内にIDナンバ-及びパスワ-ドナンバ-を明記し
  た「防衛省中央調達情報ネットサービス(BSKI)承諾書」をお送りします。

ご質問の連絡先は当協会、担当まで。
                                       (公財)防衛基盤整備協会
                                       第2事業部 竹ノ内政則
                                       電 話:03-3358-8714
                                       FAX:03-3358-8744
                                       E-mail:2bu1ka1@bsk-z.or.jp




BSKI会員様はこちら

既にBSKIにご登録済みの方はこちら

サービス申込書
ご利用規約 『防衛省中央調達情報ネットサービス』利用規約 第1条(利用規約)   本利用規約は、公益財団法人 防衛基盤整備協会(以下「乙」といいます。)が提供する防   衛省中央調達情報ネットサービス(以下「BSKI」といいます。)を利用する者(以下  「甲」といいます。)に適用されます。 第2条(サービスの利用)   乙は、第3条に掲げるBSKIをアット・ニフティ・パワー・オフィスを経由した乙の運用   するイントラネットの利用(以下「本サービス」といいます。)及び刊行物等の送付を甲に   対して提供します。 第3条(サービス内容)   BSKIの内容は次に掲げるものとする。   (1) 中央調達に関する法規等の変更及び略解の情報   (2) 中央調達に関連した組織・人事等の情報(業務の流れ)   (3) 中央調達に関連した質問の受付・回答(各企業が共通に関連する事項のものはまとめ      て四半期毎に送付)   (4) 中央調達説明会等の開催及びご案内   (5) 当協会が開催する講演会、セミナー等へのご案内   (6) 参考資料として「入札及び契約心得」「中央調達予定品目表」「中央調達の概況」等の配布   (7) その他要望によるサービスの追加  2 乙は、BSKIとして乙が運用する本サービスの情報を追加、変更又は消去などを行う場合があります。   この場合において、追加及び変更が行われたときは、   当該追加又は変更された部分についても、この規約の条項が適用されるものとします。 第4条 (乙からの通知)   乙は、次の各号に掲げる理由が生じた場合は、本サービス上において、その旨を甲に通知し   ます。   (1) 乙が甲の申込みにより、甲をBSKI会員として了承し、本サービスの利用に必要な      甲に固有のユーザID及びパスワードを決定したとき。   (2) この規約の変更が行われるとき。   (3) 本サービスの内容に追加、変更及び消去が行われるとき。   (4) 本サービスを提供する日又は時間の変更が行われるとき。   (5) その他乙が必要と判断したとき。  2 前項の定めは、前条第2項の場合の通知及び以下本規約において別段の定めがない場合    の甲に対する乙からの通知について準用します。 第5条 (利用範囲及び順守事項)   甲は、BSKI会員として得た情報(本サービスを含む。)を甲の内部利用のためのみに使用するものとします。   また、甲が固有のユーザーID及びパスワードを共有して複数の端末機器を利用する場合には、   その端末機器の数を乙に通知するものとします。  2 甲は、甲の内部利用のために限り、本サービスで得た情報を編集し、及び加工すること   ができます。ただし、甲は、編集又は加工されたものについて、著作権法その他の法令の規   定及びこの規約に基づき、乙の権利が乙に留保されていることを承認するものとします。  3 甲は、次の行為を行ってはならないものとします。   (1) 本サービスの内容を第三者に開示し、又は利用させること。   (2) 本サービスを第三者の依頼に基づく業務を行うために利用すること。   (3) 本サービスの内容を公序良俗に反する目的のために利用すること。  4 甲は、乙より付与されたパスワードをセキュリティを保持するため定期的にを変更する   ものとします。 第6条 (禁止事項)   甲は、前条第3項に定める行為のほか、次の各号に掲げる行為を行ってはならないものとし   ます。   (1) 本サービスに有害なコンピュータプログラムを送信したり、又は書き込みをしたりす    ること。   (2) 本サービスに入力されている情報を改ざんすること。   (3) 本サービスの運営を妨げ、又は信用を毀損する行為をすること。   (4) 本サービスの掲示板の利用についてマナーを無視した行為をすること。   (5) その他乙が不適切と判断する行為並びに法令に違反し、又は法令に違反する恐れのあ    る行為をすること。  2 乙は、前項に該当する不適切なものを発見した場合には、直ちにこれを消去することが   できるものとします。この場合には、第2条の定めは適用されないものとします。   第7条 (提供の開始日及び終了日並びに利用時間)   本サービスの提供開始日は、乙から甲に対し利用開始の通知をした日とし、提供終了日は、   本規約の終了原因が生じたとき、又はBSKI会員を退会したときとします。  2 本サービスを利用できる時間は、1日24時間とします。ただし、年末年始(毎年12   月28日から翌年1月4日までの間)は、本サービスの第3条についての更新等は行いませ   ん。 第8条(一時中断)   乙は、次の各号の一に該当する理由が生じた場合には、甲に対し事前に通知することなく、   本サービスの提供を一時的に中断することができるものとし、甲は、これを承諾するものとします。   ただし、本サービスの提供の中断が事前に予測できる場合は、乙は、   速やかにその旨を甲に対し通知するものとします。   なお、上記を含むいかなる利用停止、ならびに情報の消失もしくは毀損が生じても   保証等は一切負わないものとします。   また賠償義務責任も負わないものとします。   (1) 本サービスのシステムの定期的保守及び臨時的緊急保守が行われるとき。   (2) 本サービスが火災、停電その他により提供できない状態となったとき。   (3) 天災地変、戦争、暴動、内乱、労働争議その他の不可抗力の事態が生じ、本サービス      が提供できないとき。 (4) その他、運用上、技術上の理由により、甲が本サービス提供の一時中断が必要と認め      るやむを得ない事態が生じたとき。 第9条 (サービス内容の変更等)   乙は本サービスの内容の規格及び仕様を変更することがあります。  2 乙は都合により、本サービスの特定の内容の廃止をすることがあります。 第10条 (端末機器と設備)   甲は、甲の費用と責任において設置した本サービス利用のため必要な端末機器、通信機器、ソフトウェア、 その他の必要な設備については、自らの責任において正常に稼働するように維持管理するものとします。 第11条 (通信ネットワーク回線)   甲は、本サービスを利用するために使用する電話回線等の通信ネットワーク回線は、自らの責   任において用意するものとします。  2 前項の通信ネットワーク回線の使用のための電話料金等は、甲が負担するものとします。 第12条 (料金及び支払い方法)   BSKI利用料金は、一会員につき年額108,000円とします。ただし、同一の企業が   2か所以上でサービスを利用される甲については、2ID目からは、1IDにつき   各21,600円とします。  2 甲は、「BSKI会員」となったときは、BSKI料金を乙の指定する方法(請求書に記載   する当協会の指定口座に振込む。)で支払うものとします。  3 乙は、甲に対して30日前までに書面による通知を行い、BSKI利用料金を改定すること   ができるものとします。  4 年の途中からBSKI会員となったときは、利用料金は当該月を含めた月割り計算とします。 第13条 (損害賠償)   甲がこの規約の条項に違反し、それによって乙または第三者に損害が生じたときは、甲は、そ   の損害を賠償する責めを負うものとします。 第14条 (乙の免責)   乙は、BSKIの内容について瑕疵担保責任を負わないものとします。  2 本サービスの利用により、甲又は第三者に損害が生じた場合にあっても、乙は、利用料金の   減額、損害賠償その他一切の責任を負わないものとします。 第15条 (乙からの解約)   乙は、甲について次の各号のいずれかに該当する理由が生じた場合には、甲に対して通知する   ことなくBSKI会員規約を解除し、本サービスの提供を停止することができるものとします。   (1) 支払いの停止又は破産、民事再生開始、会社更生手続開始、会社整理開始若しくは特別      生産開始の申し立てがあったとき。   (2) 手形交換所の取引停止処分を受けたとき。   (3) 財産について、仮差押え、差押え、仮処分、強制執行、担保権の実行又は公租公課の滞      納処分が行われたとき。   (4) この規約の条項に違反したとき。   (5) 乙の同業者その他乙の利益を害する恐れのある者と合併したとき。   (6) その他、この規約を継続し難い重要な事由があるとき。 第16条 (規約の有効期限及び自動継続)   この規約の期間は、規約締結の日から1か年とします。ただし、期間満了の30日前までに、   甲又は乙のいずれからもその相手方に対して書面による別段の意思表示が行われない場合は、   この規約は、期間1か年として同一の条件で自動的に更新されるものとし、以後も同様とし   ます。この場合において、更新したBSKI会員料金の支払いは、第12条第1項に定めるとおりとします。 第17条 (その他の協議事項)   甲及び乙は、この規約に定めのない事項又はこの規約に関して疑義が生じた場合は、 その都度協議して円満に解決を図るものとします。 第18条 (裁判管轄)   この規約に関する訴えは、東京地方裁判所の管轄に属するものとします。   上記の契約を証するため、 防衛省中央調達情報ネットサービス申込書・ 防衛省中央調達   情報ネットサービス承諾書の2通を作成し、双方記名押印のうえ各一通を保有するものとします。